Difference between revisions of "Meetup 2017-05"

From Pitagora-Galaxy Wiki
Jump to: navigation, search
(内容)
(丹生)
Line 65: Line 65:
  
 
===== 丹生 =====
 
===== 丹生 =====
- mulled を dockerhub や、自分のリポジトリの docker image にも対応させたい
+
* mulled を dockerhub や、自分のリポジトリの docker image にも対応させたい
  - https://github.com/galaxyproject/galaxy への変更は、tool.xml や mulled 自体に変更が必要で、一気にやるのは大変そう
+
** https://github.com/galaxyproject/galaxy への変更は、tool.xml や mulled など範囲が広いため大変そう
  - 方針変更して、galaxyproject/galaxy のサブセットの https://github.com/galaxyproject/galaxy-lib から攻めてみる
+
** 方針変更して galaxyproject/galaxy のサブセットの https://github.com/galaxyproject/galaxy-lib から攻めてみる
  - mulled-search は他から参照されていないため、修正しやすそう
+
** mulled-search は他から参照されていないため、修正しやすそう
  - 動作確認してみると、quay.io/biocontainers ではなく quay.io/mulled をデフォルトで検索している様子
+
** 動作確認してみると、quay.io/biocontainers ではなく quay.io/mulled をデフォルトで検索している様子
    - mulled プロジェクトは既に biocontainers に移動しており、リポジトリが存在しない
+
*** mulled プロジェクトは既に biocontainers に移動しており、リポジトリが存在しない
    - Pull Request 出した (https://github.com/galaxyproject/galaxy-lib/pull/57)
+
*** Pull Request 出した (https://github.com/galaxyproject/galaxy-lib/pull/57)
      - Merge された
+
**** Merge された
  
 
===== 末竹 =====
 
===== 末竹 =====

Revision as of 07:34, 10 May 2017

Main Page >> Events >>

主旨

  1. ツールやワークフローを持ち寄って仮想マシンに加える (図)
    • 実際には、加えるための手順を作って、仮想マシンの管理者と共有する
    • 同時に、Wiki に新しいツールやワークフローの説明を記載する
  2. プロジェクトを改善するためのフィードバックを収集する
    • 解析プラットフォーム管理に役立つ技術ネタを共有する
    • Galaxy 以外のソフトウェアを扱っていく可能性について議論する

スケジュール

  • 日時: 2017年5月10日(水)
  • 場所: 先端研4号館4階セミナールーム
  • 連絡先: 山中 yamanaka [at] genome.rcast.u-tokyo.ac.jp, 大田 t.ohta [at] dbcls.rois.ac.jp
  • Skype ID:pitagora-network(最新バージョンのSkypeの使用を推奨)
10:00-10:15 今日の作業確認
10:15-17:00 ツールの開発
17:00-17:30 今日のまとめ (Skype 参加可)

併催イベント

Meetup 後、市民講座「オープンデータを分析する 〜 微生物ゲノム編」にて Galaxy を紹介します。

内容

全体
山中
大田
  • FaQCs を Galaxy にインストールする
    • 門田さんに頼まれている原稿で使う
    • インストールスクリプトを作ったけど、WindowsだとVirtualboxのコンソールからインストールするのはしんどい
    • Rがdependenciesに入っているのでtoolshedに入れたくない
    • docker でやりたいが 0.3系 VM for Windows はまだ表に出ていない
    • 0.3系VM for Windows を作ろうということになった ←結論
  • 現場の会のハンズオンについて
    • アドリブでやります
    • Galaxy の概要 (おおた), Public Galaxy Server について (すずき)
  • Terraform で CWL を AWS 上に Launch する件について
    • 那須野さんから教えを授かる
  • 資源最適配置の設計について
    • いのちだいじに
丹生
  • mulled を dockerhub や、自分のリポジトリの docker image にも対応させたい
末竹

- 実際、自分が Galaxy で何をやるかの確認 -- 自身の卒論のテーマが『二次代謝生合成系遺伝子の転写解析』で、

那須野
  • Galaxyによる動的再構成アーキテクチャーについて、大田さん、丹生さんと議論。
  • Galaxy の DB スキーマの調査
鈴木
Richard Hugues
  • Prepared presentation to citizen scientist on metagenomics and the metasub Paris project.
Anish MS Shrestha
  • prepared presentation titled

計算機で生命を理解する for オープンデータを分析する 〜 微生物ゲノム編

コピー用