Versions

From Pitagora-Galaxy Wiki
Revision as of 06:41, 17 October 2014 by Kato (Talk | contribs)

(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search

最新の仮想マシン

  • Version 0.1.4
    • database version: 120
    • トップ画面のリンクからインデックス・ファイルをダウンロード可能
    • データ・ファイル (~/galaxy-dist/database) は本体と別のストレージに格納されるように変更
    • URL を http://192.168.56.10:8080/ から http://192.168.56.10/galaxy/ に変更
    • Galaxy をサービス登録し、OS の起動時に Galaxy が自動起動されるように変更
    • ツール追加 (macs, bwa, sam_to_bam, bam_to_sam, export_to_sam)

過去の仮想マシン

  • Version 0.1.3
    • RNA-Seqのワークフローでtophat2が並行して動作するよう変更
    • メモリを2GBから4GBに変更
    • GalaxyのデータベースをSQLiteからMySQLに変更
    • AWSのインスタンスをt2.Microからt2.Mediumで動作検証
    • RNA-Seqのサンプルデータをアップロード
  • Version 0.1.2
    • Galaxy本体のストレージサイズを128GBに変更
    • VMをAWSにインポートし、公開テスト用サイトを公開
  • Version 0.1.1
    • Galaxy本体のストレージサイズを2TBから1TBに変更
    • ツール追加(cuffmerge, cuffdiff)
    • ワークフロー追加(RNA-Seq)
    • インデックス・ファイル用の空のストレージをマウント
  • Version 0.1.0
    • GalaxyのVMイメージを作成
    • ツール追加(fastqc, tophat2, cufflinks)